読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいじゃんそれ

独身アラサーの平凡な日々に少しの刺激と彩りを

水洗いでスッキリ!ウール、毛100%の服を手洗いしてみた ①

お盆はとっくに過ぎたにも関わらず秋の気配どころかまだまだ残暑が猛威を振るっている今日この頃。

外回りの営業パパさんなんかは「早く涼しくなればいいのにー」なんて思ってるかもしれないけれど、それとは対照的に世の中の奥様方や一人暮らしの自炊男女子はまだまだこの残暑にありがたみを感じてる場面もあるのではないか?

日が落ちるのは若干早くなってきたけど日中なんてまだまだ真夏日

まだまだ捗るよね。

 

そう、洗濯物が。

 

洗濯機で洗えない衣類たち

普段私たちが生活する上で必ず出るのが洗濯物。

 

洗濯物が溜まれば洗濯機へポイってすると思うんだけど、全部が全部洗濯機で洗えるかと言われればそうでない衣類もあるわけで。

 

そうだなぁ、例えばスーツなんかはどうだろう。

営業職の男性なんかはこの時期暑さと闘いながら外回り...なんてこともザラにあると思うんだけど、スーツっていうとあまり洗濯機で洗うイメージは湧かないと思うんだ。

 

最近は洗濯機OKな物も出てるけど、それでもシワや縮みが怖いからクリーニング店へ...って家庭もあるんじゃないかな。

 

さてそんなクリーニング店。

スーツに限らず値段の張る洋服だったり、ちょっと洗濯機では仕上がりに不安が...なんて衣類も基本的にはクリーニングのお世話になると思うんだけど、そもそもその判断基準はどこにあるものなのか?

次の項ではクリーニングに出すべき衣類の見極め方を書いていこうと思う。

洗濯表示をチェックしてみよう

基本的にクリーニングに出す衣類というのはズバリ、洗濯機で洗うのが困難な衣類だと思うんだけど、実際に洗濯機で洗うのが困難な衣類というのはどんなものなのか?

困ったときは洗濯表示タグを確認してみれば一目瞭然だ。

基本的にドライ表示のものは水洗いNG!

洗濯表示タグを色々見比べているとしばしば「ドライ表示」のタグを見かける。

f:id:mizutanisabaku:20160829201143j:plain

こんなヤツ

 

こういったものは基本的に水洗い、洗濯機での洗濯はNGだ。

衣類の素材にウール(羊毛)や(羊毛を含む獣毛)など、水で洗うと縮んでしまう素材や、その素材の特質上、水洗いが不向きな素材を使用した衣類には基本的にドライクリーニングを指定したタグが縫い付けられている。

「なんだよ結局クリーニング店に出せば解決じゃん!」って思われがちなドライクリーニング。

実は目を逸らすわけにはいかない大きな落とし穴があるのだ!

ドライクリーニングは油で洗う!?

ドライマークのついた衣類をクリーニング店に出して戻ってきたら、ちゃんと綺麗になってるか確認すると思うんだけど見た感じはとっても綺麗になった感じがするよね。

私は毎回クリーニングから戻ってきた洋服を眺めるのが大好き。

シワもしっかり伸ばされていて肌触りも良くて、綺麗になったなーなんて独りで頷いてるんだけど、そもそもドライクリーニングっていうものがなんなのかあまり知らなかったんだよね。

そこで調べてみた。

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングは、1830年頃にフランスで開発され、水で洗うと型崩れや縮み、色落ちなどが発生する衣類を水の変わりに有機溶剤を使うことによって衣類への影響を抑えた洗濯方法です。そもそもドライクリーニングは家庭にはありませんので分からないのが普通だと思いますが、ドライクリーニングとは水を使わずに「有機溶剤」を使用するクリーニングの事を言います。 

ドライクリーニングって?/クリーニングのお話より

なるほどドライクリーニングってのは有機溶剤、つまり石油灯油といった類の溶剤で洗うことだったのね!

ドライクリーニングのメリット、デメリット

さて油で洗うというなかなか斬新な方法を用いているこのドライクリーニングとやら。

メリットもあればデメリットもあると思うんだけど、その辺も簡単にまとめてみたよ。

 

ドライクリーニングのメリット

  • 繊維が傷みにくい
  • 水を使わないので、ウールや毛などの素材が縮まない。
  • 油汚れにはすこぶる強い。

ドライクリーニングのデメリット

  • 油で洗うので、水溶性の汚れにはほとんど効果がない

これだけ見るとドライクリーニングって凄い!ってなりがちだけど、実はデメリットの欄に書いた水溶性汚れにはほとんど効果がないというのがとても大問題だったりする。

汗、皮脂汚れは勿論、食物系の汚れもほとんど落ちてないよ!

先述した通りドライクリーニングとは有機溶剤で洗いを行うため、水溶性の汚れにはほとんど効果がないらしい。

 

ちなみに水溶性の汚れとはどんなものがあるのか?ざっくりとまとめてみたよ。

代表的な水溶性汚れ

  • 汗、血液、尿など体液
  • 食塩、砂糖、果汁、スープ等の飲食物

普段生活している中で回避不可能な水溶性の汚れ

見て分かる通り水溶性汚れっていうのは私たちが普段生活している中で必ずといっていいほど衣類に付着するのは避けれない汚れ。

 

暑ければ汗をかくし、尿汚れなんかは特に男性。立ち小便用の便器はほぼ尿の跳ね返りがあるって立証されてる。

飲食物も!

飲み会なんかで酔っ払ってグラスが...!なんてこともあるでしょ?笑

そんな時にかぎって洗濯機で洗えないようなちょっと良い服着てたりするもんだしね。

 

でもそういった汚れはドライクリーニングでは落とせない!

 

でもそんな気難しい洋服たちの長年蓄積された水溶性の汚れがもし落とせたら?

水溶性の汚れが残ってるせいで買った時に比べたら明らかに手触りも残念な感じになってしまったお気に入りの洋服。その蓄積された汚れをサッパリ落としたら、またあの素晴らしい手触りが復活するかも!?

 

というわけで、私も持ってます。

毛100%素材のサルエルパンツ

もうね、お気に入りすぎてヘビロテしすぎ。

飲み会では毎度のように酒をこぼし真夏には滝のような汗を吸い、おそらく数々の水溶性汚れが蓄積されているであろうこのサルエルパンツ。

 

あまりにも手触りが変わってきたため、今回意を決して水洗いしてみたので、次回の記事でその手順や気になる結果など書いていこうと思います。

 

買った当時のワクワク感となんとも言えない手触り...

水洗いでぜーんぶ復活したら

 

 

いいじゃんそれ!!

 

次回をお楽しみに!

 

洗濯上手こつのコツ

洗濯上手こつのコツ

 

 

アクロン おしゃれ着洗剤 ナチュラルソープの香り 本体 500ml

アクロン おしゃれ着洗剤 ナチュラルソープの香り 本体 500ml

 

 

 

不二貿易 ランドリーボックス 縦型 麻 幅24×奥行35cm 30685
 

 

 

 

「いいじゃんそれ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。