読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいじゃんそれ

独身アラサーの平凡な日々に少しの刺激と彩りを

MacBook Airを買ったので事後報告してみる

Apple MacBookAir ブログ

以前にMacBook Air(以下MBA)が欲しすぎて記事を書いた私。

mizutanisabaku.hateblo.jp

 その後もずーっと欲しいなぁ、欲しいなぁ、、と悩み続け、朝起きてからの仕事中はもちろん、夜寝る直前まで!最安値店の比較に始まり、もし買うなら一括でいくのか?それともローンなのか?

ローンなら回数やかかる金利は如何ほどか?等々、iPhoneの電卓をひっきりなしに叩きまくっていたわけで(あんなに電卓アプリ多用したの初めてかも)

とにかく悩んだー悩みまくったー!

まぁね、結局ね、買っちゃったんだけどさ。

でもでも!いざ購入!ってなるまでの選択肢が多すぎて発狂するくらい振り回されたわけで...

 スペックはもう決めていたぞ

私の場合、過去記事にもある通りMBAを購入してもブログにしか使用するつもりはないのでスペックに関してはそこまで悩まなかった。

ただし、購入に至ったきっかけは今年の4月にRAMが標準で8GBにアップデートされたっていうニュースがあったから。

このアップデートの良いところはお値段が据え置きってところなんだよね。

というわけで最低スペックでも128GBストレージ,8GBのRAM搭載ってことでブログ用には申し分ない仕様になったのでここで購買意欲は一歩前進

ローンを検討していた私

さぁスペックは決まったぞ。あとは支払い方h...というか今回私がMBA購入の要になっていたのがぶっちゃけ支払い方法だったのでこれがまさに重要なファクターだった。

ちなみに購入当時のMBAの希望スペックでの本体価格は約¥122,000也。

用途がブログ用だけなので一括で払うには気が引ける額。正直ここがイチバン悩んだ。

ブログのモチベーション維持のためにも一括購入はナシ。購入するなら絶対ローンを利用しようと思っていたので、この12万という額は凄く微妙なのだ。

ひと月1万返済で10〜12ヶ月が理想

さてこの12万という額。

単純計算なら毎月1万円の返済なら約1年間で完済できる額だ。

実際に私のイメージしていた返済フローはそんな感じで、ちょっと盛って10ヶ月、長く見ても13ヶ月超えの返済はしたくなかった。

というのも私はあまりローンというのが好きではなくて、以前に車を購入したことがあるんだけどその際に長期ローンにはデメリットしか無いことを学習したから(お金に縛られる感覚は本当に好きになれない。)現在では1年を超すようなローンは絶対組まないと決めている。

しかしローンを組むということは当然金利が発生する。

ちなみの今回の額で1年12回のローンを組むと毎月どのくらいの返済額になるのか?オリコのローンシミュレーションを利用して算出してみた。

結果は¥122,000を12回返済の場合金利が8.75%、合計金額は約¥130,000となった。

この場合金利手数料として上乗せされる額が約¥8,000程発生してしまうので実質毎月の返済額は¥11,000弱

現状の額だと予定してた毎月1万円返済で1年完済という返済計画は難しくなってくる。

ローンを組む以上、金利というのは切っても切れないものなので仕方ないのは承知の上なんだけど私はここから一週間ほど地団駄を踏むこととなった。

大正義、無金利ローン!

悩みはじめてから一週間が経とうとしたころ、ちょっと別の買い物でビックカメラに立ち寄る機会があった。

私が利用しているビックにはApple Storeが併設されているため「買えないけどとりあえず見ていくか」という半ば冷やかしのような理由でMBAを触りに入ってみたところ、なんとフロアの壁にデカデカと「ローン金利無料キャンペーン」の文字が!

マジかよ!と思わず声に出ちゃった私。

早速店員さんを呼び止め見積もりを出してもらうと、無金利の場合は初月だけ¥11,000弱かかるものの次月からは¥10,100で12回のきっちり1年完済が可能とのこと。

なにこの運命感!もう決めるしかないじゃん!

店員さんに購入手続きをしてもらおうと思い、最後にもう一回MBAを触ることに。

最終確認の意味も込めてMBAを撫で回していたんだけど、何故かこの時、猛烈な違和感に襲われた私。

 

今まで何回もApple Storeに通って何度もMBAを触ってきた筈なのになぜかこの時だけ...

結局その日は購入せずに帰宅。

まぁ金利無料キャンペーンは当分続くみたいだし焦る必要はないかー。なんて思いながら自宅のバカデカい自作PCを立ち上げ、さてさてブログ書こーなんてキーボード叩き始めた瞬間Apple Storeで感じた違和感の正体が発覚した。

そう、Apple Storeで触っていたMBAは全てJIS配列だったのだ。

気になりだすと止まらない!

私はずっとUS配列のキーボードを使っていたのだけれど、今まではMacのOSにばかり意識が向いていたのでMBAのキーボード叩き辛いなー慣れるかなーなんて悠長なことばかり考えていた。

しかしそれは大間違い、そもそも叩き辛かったのはMBAのキーボード自体がJIS配列だったからだったのだ。

いくら金利手数料無料の良案件でもJIS配列キーボードってところが急に引っかかり始めた私にはビックカメラでの購入はもうほとんど選択肢から外れてしまっていた。

その代わりに「MBAのUSキーボード版はどこで手に入るのか?」そんな疑問ばかりが頭のなかをグルグルグルグル...

ゴールまで目と鼻の先だった私のMBA購入記は振り出しどころか一歩後退あたりからの再スタートとなってしまった。

正解はApple Storeにあった

さてまた情報収集から始める訳だけれど、USキーボード版のMBAは意外と簡単に見つかった。

そう、Web版のApple Storeだ。

www.apple.com

ググッてみたところMacBookシリーズのUSキーボード版はAppleのサイトからしか購入できないそうだ。

なんてこったい、結局私はApple Storeで購入するしか選択肢がないんじゃないか。

意気消沈ではないけれど「もう最悪中古探すかぁー」くらいの諦めモードでApple Store内をブラウジングしていたところ気になるトピックが。

 

2016年8月31日まで、apple.com、またはお近くのApple Storeで合計30,000円(税込)以上購入すると、ショッピングローンを24回払いまで実質年率0%でご利用いただけます。金利手数料はAppleが負担します。
*ただし、提携ローン会社との契約が成立した場合に限ります。

 なんだと...!?

 

ちょっと目を疑ったよ私は。

だってあの高飛車&硬派なAppleさんが金利手数料を負担するんだよ?

しかも8月末までとかなにこの余裕感。

さすがにもう迷いはなかったので(というかこれ以上の案件ないよきっと)速攻で審査してもらって無事に通過、晴れてMacユーザーになれたのでした。

まとめ

というわけでかなり紆余曲折あったけど無事にUSキーボード版MacBook Airをゲットした私。

まぁ現時点で使い始めて数週間経ってるので近々使用レビューも書いてく予定だよ、

そちらもお楽しみに〜。

 

いいじゃんMBA

「いいじゃんそれ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。