読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいじゃんそれ

独身アラサーの平凡な日々に少しの刺激と彩りを

MacBook Airが欲しい

f:id:mizutanisabaku:20160706205617j:plain

最近ブログを書いてて思うのが「書くのは楽しいんだけど、書くまでが大変!」

というのも私のPC環境が、数年前に自作したデスクトップPC一台しかないからだ。

もともとDTMをするために構築した環境なのでスペック的には全然問題ないんだけど「さーブログ書こー!」から記事作成までの距離が遠すぎる。

 

帰宅してから自室まで行くことなくリビングでビールでも飲みながらサクッと書ける環境が欲しい。

 そもそもなぜMacBook Airなのか?

実はもう何度かApple Storeに通っている私。

毎回店員さんに「MacBook Pro良いですよ」ってゴリ推しされるんだけど、いやいや私はMacBook Air(以下MBA)が欲しいんだよとMacBook Pro(以下MBP)には見向きもしない塩対応っぷりで愛しのMBAの前で「うーん」と唸り声をあげているんだけど、そもそも何故MBAがイイのか?その辺りを他製品との比較などを交えながら解説していきたいと思う。

 メモリが増えてお値段据え置き

現在販売されている最新のMBAがリリースされたのが2015年。

昨年出たばかりの頃の最低スペックが11インチ、13インチ共にSSD 128GB、RAM 4GBという完全にインターネット用途にしか使えない代物だった。

価格は共に10万円ちょっとだったのだが、当時はそこまで食指の伸びるインパクトがなかった記憶がある。

それがなんと今年に入り、RAMがデフォルトで8GBに増設されしかもお値段据え置きという、マイナーアップデートながらなかなか憎いことをしてくれたもんだからちょっと「おっ?」となったわけ。

もちろんそれ以外にも欲しい理由はいくつかあるんだけどね。

USBポートが付いている

f:id:mizutanisabaku:20160706205912j:plain

私は今までWindows PCしか使ったことがなくて、外部デバイスを接続するといえばUSB接続かSATA接続しか思いつかない人間なんだけど、いつだったか、まだ具体的にどのApple製品を購入するかすら決めかねている状態でAppleStoreに出向いたとき、そこに展示されていたMBやMBPを触ってて驚愕したことがあったんだよね。

だって、私の知ってるタイプのUSBポートがなかったんだもん。

どういうことか説明すると、私の知ってるUSBポートってのは長方形で端子が4つついてる所謂ド定番のポート。おそらく私以外だってUSBといえば同じ規格のものを思い浮かべると思うんだけど、なんと私が見に行って触ったMB,MBAにはそのUSBポートが一口も搭載されていなかった。

Appleってのはとにかく無駄なものは排除、極力シンプルなモノを創り出している企業っていうイメージはあったけど流石に削りすぎじゃぁ...なんて思いながら近くにいたスタッフさんに聞いてみる。

 

私「今セカンドPCとしてMacBookを検討しているんですけど、今の製品ってUSB端子ついてないんですか?」

ス「ついてますよ?ほらここに。USB Type-Cですけどね

 私「」

 

なんなのUSB Type-Cって...!!

USBの次世代規格。それがType-Cだ

その後もスタッフさんに喰らいつきながらUSB Type-Cについて根掘り葉掘り聞きまくる私。スタッフさんはそんな必死な私に懇切丁寧に説明してくれ、そのおかげで私の頭の中の霧は徐々に晴れていった。

その日帰宅してから情報補填ってことでググっていたらサンワサプライのHPに分かりやすい説明が記載されたページがあったので貼っておくね。

www.sanwa.co.jp

というわけで次世代規格として期待されているUSB Type-Cなんだけど、スタッフさんいわく「今後MacBookシリーズがより一層の進化を遂げるためには旧タイプのUSB脱却は必要不可欠。更なる薄型化やデータ送受信の高速化を図るにはType-Cの主流化が絶対」なんだそうだ。

 

うーん、理屈は分かったんだけど、それでも私は旧タイプのUSBが必要なんだよなー。

あくまでブログ用

そもそも私がMacのノートを購入したい理由はブログ用だ。それ以上でもそれ以下でもない。

何か特殊なアプリを導入し大容量のデータを生産するわけでもないし、もちろん外部から膨大なデータを取り込むつもりもない。

Web上で文章が書ければ良いだけ。単純明快でしょ?

つまりスペックなんて最低のもので良いんだ。大容量ストレージだとか十数GBのRAMなんて必要ない。

だけど、だからこそUSB Type-Aの端子が絶対に必要になってくる。

ファイルなんかは全部クラウド

現在、私はPCこそWindowsを使っているんだけど、実は昔からスマホに関してはiPhoneユーザーだ。

遡れば初代iPod Touchが出た当時、即効で買いに走って以来ずっとモバイル端末はApple製品を愛用している。

そんなApple製品を多数所有している人がヘビロテしているサービスといえば勿論AirDropiCloudだろう。

両者共にとても強力なファイル共有サービスなのだが、私がMBAのストレージ容量を最低の128GBでいいじゃんって思ってる理由がこの強力なファイル共有サービスがあるからなのだ。

ストレージに直接保存なんてしなくていい

おそらく私がもしMBAをゲットしたらそこに保存し、使用するであろうファイルはズバリ画像ファイルだ。

ブログを書くのに使用するため一時的に保存しなければならないわけだけどその保存先をすべてクラウドにする予定だ。

これで128GBという少々頼りないストレージ容量でも問題なく運用できると思う。

しかししかし!ここでひとつ問題が浮上する。

ゆーてもクラウドからブログに直貼りできないじゃん!

最初はこの問題がネックで諦めようと思ったんだけど、思い出していただきたい。

MacBook AirにはUSB TypeAのポートが付いてるよ!」

そうなのだ、単純にストレージ以外の保存先を確保してあげれば無駄に容量圧迫することもない。

その保存先に私はUSBフラッシュドライブを選びたいわけ(だって使ってないドライブが部屋にいくつも転がってるんだもん笑)なんだけど、現行のMacBookシリーズだとMBAのみUSB TypeAのポートが付いているので無駄な変換アクセサリなどを持ち歩かなくても外出先でスマートにブログが書けるのだ。

 

これが私がMBAを欲しているイチバンの理由。

 

とまぁ自分を騙すために良いとこばかり書いてきたけど、記事書いてなくてもぶっちゃけメリットしかないからきっとポチると思う。笑

 

ポチったらまたブログにて報告するね。

 あーーーーーMabBook Airあったらブログたくさん書けるかもなあああーーーーーー

 

いいじゃんそれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
「いいじゃんそれ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。