読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいじゃんそれ

独身アラサーの平凡な日々に少しの刺激と彩りを

男性へのプレゼントに悩むアラサー女子必見!喜ばれるプレゼント選びのコツ☆

生活 プレゼント

アラサーになった今でも異性へのプレゼント選びには毎回余計な神経をすり減らしている私。

独身だから基本的には知人の誕生日だったり知人の誕生日だったり知人の誕生日だったり、なんとも張り合いのないイベントばかりなのだが、それでもたかが知人。されど知人。といった感じでアラサーともなるとそれなりの経験値を積んでいる前提なのか知らんが、やたらとクオリティの高いプレゼントを要求されることがしばしばある。

そんなもん知らんがなと声を大にして言いたいところなのだが、どうせ贈るならやはり喜んでもらいたいし、なんなら周りに自慢とかしてほしいしあわよくば素敵な王子様でも紹介してよ!などと変な見栄と淡い期待が見え隠れするのが独身アラサーの哀しき性だと思ってる。

 

そこで今回は「アラサー女子が異性へプレゼントをする際気をつけることや、プレゼントの選び方、ちょっとしたコツ」なんかを書いていこうと思う。

 

参考になるか分からないけどね(笑)

f:id:mizutanisabaku:20160622231355j:plain

今どきのアラサー男性は何を欲しがっているの?

多分この記事を読んでいる大半の人が知りたがっているのはまさにこれだと思うんだけど、ハッキリ言おう。

そんなの分からないよ…

スマートフォンが普及し始めて早10年が経とうとしてる今、これだけの情報社会だ。

もちろん男性に限らず女性も含め、個々の好みも昔に比べてカナリ細分化してきているのは周知の事実。

プレゼントに関しても、よほどピンポイントに攻めなければ何が正解なんて言ってる場合ではないと思う。

だがしかし、それはあくまで個人に対することである。

そこからもう少しだけ視野を広げてみよう。するとグッとその敷居は低くなるハズだ。

f:id:mizutanisabaku:20160622231501j:plain

 

男子の好きなものってなんだっけ?

まずは男子という生き物全体で考えてみる。

今の自分の年代だけではなく、あくまで男子全般が好きなものだ。

そこで私なりに「男子の好きそうなものを5つ」考えてみた。

洋服

これは男子に限らずなんだけど、やっぱりお洒落って楽しいし、そいういう意味では王道なのがファッション関連だよね。

男女問わず洋服が好きな人ってのは好きなブランドや服以外のちょっとした小物なんかにもこだわりがあると思うし。特に男子のファッショニスタって意外とそういう細々したところまで気を使ってる人が多い気がする。

ガジェット

 男子といえばガジェットは絶対外せないでしょ。

この分野はほぼ毎日って言っていいほど新製品が出たり、新しい技術や新しい概念が生まれてて、年代問わずすべての男子の少年心をくすぐる製品が豊富に揃ってるよね。

最近だと女子のガジェットファンも多いって聞くし是非プレゼントの視野に入れて欲しいジャンルだと思う。

趣味

ガジェットと重複する部分もあると思うんだけど、男子って趣味ののめり込み具合がハンパないパターンが多い気がする。

ひとつのことを極めたいって気持ちがそうさせるのか、そんな趣味に生きてる男子へのプレゼントなら充分検討の余地はあると思うんだ。

仕事道具

仕事に生きてる男性も多い現代。

やりがいのある仕事をしてる男性に多いのが「仕事道具への拘り」だと思う。

ボールペン一本に始まり、所謂「職人」と呼ばれる人たちなんかは各々の道具ひとつひとつにも思い入れがあるだろうし (実は私もこのブログを書くにあたってキーボードをチェリー製に変えたんだけど、打鍵感が気持ち良すぎてモチベーションの向上に繋がってる) 道具に拘ってる異性ならワンランク上の仕事道具をプレゼントするのも良いかもしれない。

以外と食に関してもうるさいのが拘り男子だ。

ひと昔前なら食事は男性が女性を誘うものだったけど、このご時勢、逆のパターンも全然アリだと思う。

普段食べれないような贅沢な食でストレス発散している男子って結構多いらしい。

勘違い?お金をかければいいってもんじゃない

アラサーのプレゼント事情でいちばん気がかりな部分ってズバリ「プレゼントに対する金額」だと思う。

確かに経済的に余裕が出てきて、ある程度の見栄も必要になってくるのが30代だ。

しかしそれ故にあまり大金をかけるともしかすると逆に損をするかもしれないのだ。

男子は自慢好き?

せっかく大金をはたいて気になる異性にプレゼントを贈ったあなた。

もしかしたらあなたの知らないところでこんな会話が繰り広げられてるかも!?

「こないだ〇〇から×万円のプレゼントもらったんだよね。次はアレ欲しいからねだってみよっかなー笑」

実はこういう会話、結構聞くのだ。

男子というのは意外と自慢好き。

縄張り意識や闘争心がそうさせるのか分からないが、あなたのプレゼント。意外と影で自慢話のネタにされてます。

「大金はたいたんだしむしろ自慢して欲しい」って人ならこの関係WIN-WINで良いと思うのだが、せっかく心を込めたプレゼントなのに他人との競争材料に使われるのはあまり気分の良いものではない気がする。

やたらと値の張るものを贈るのも問題かもしれない。

プレゼント選びのコツ

ではそろそろプレゼント選びのコツを紹介しようと思う。

今回は数あるジャンルの中でも特に「ファッション」と「ガジェット」の選び方について書いていこうと思う。

どんな服や小物を選べば良いの?

異性に服をプレゼントする際いちばんの難関がこれだと思うのだが「どんな服や小物をチョイスすれば良いのか分からない」という問題。実は意外と身近に解決策があったのだ。

まずは相手の好きなブランドをリサーチする 

これが分かればほぼ完全勝利と言っても過言ではない。

気になるリサーチ方法だが、友人関係ならばダイレクトに「好きな洋服のブランド」を雑談に交えながら聞けば良いし、夫婦やカップルの場合は怪しまれそうなら旦那や彼氏が寝ている間にこっそりと彼が普段気に入って着ている服の「ブランドタグ」をチェックする。

無事、彼のお気に入りのブランドネームが分かったところで次のステップに進もう。

Instagramを活用する

多少なりとも流行に敏感な女子ならばお手持ちのスマホにインストール済みではないだろうか?

実はこのInstagram。とっても使えるのだ。

早速その手順を書いていこう。

  1. まずはInstagramを起動。検索タブをタップし、事前にリサーチしておいた彼のお気に入りブランドの名前をハッシュタグ検索してみる。
  2. 出てきた画像の中から自分が気になった他ユーザーのコーデ画像をチョイスして詳細を見てみる。
  3. そのユーザーの投稿画像のハッシュタグを見てみるとブランド名の他にも様々なハッシュタグが使われている場合があるので、そういったタグがあればどんどん追ってみる

...以上だ。

えっ!?っと思うかもしれないが、至極単純なことで、Instagramにコーデをアップしているユーザーはそのブランドに関連のある他のブランドと合わせてコーディネートしていたり、小物類もちゃんとそのブランドに関連のある他のブランドのものをチョイスしている場合が多いのだ。

そういったことから、関連ハッシュタグを見るだけで即座に当人のファッションに合う他のブランドや、小物などのキーワードが手に入るわけだ。

あとはそれを検索にかけて取り扱いのあるネットショップや実店舗に出向くだけで、もしかしたら彼もまだ知らないブランドのアイテムをゲットでき「このアイテムね、◯◯君のよく着てるブランドに合うんだよー」など、お洒落な彼より一歩も二歩も先を行く会話ができるかもしれないのだ。

実際これは私の周りでも何人かやってるんだけど、異性からもアイテムのチョイスに対する評判が良いので間違うことはないだろうし、なによりも闇雲に直感を信じて下手なアイテムを選ぶよりも充分建設的だ。

情報社会だからこそ上手く活用していこう。

ガジェットの選び方

 さあ洋服の選び方をクリアした次は「ガジェットの選び方」に移ろう。

ガジェットに関してはジャンルが広すぎるため少々時間と勘が必要になってくる。

まず用意するのがコチラのサイト。

www.gizmodo.jp

ギズモード。ご存知の人も多いんじゃないだろうか?

このサイトでは最新のガジェットやデジタル技術を利用したライフハック術などその方面に特化した情報が頻繁に更新されている。

もちろん発売ホヤホヤの最新ガジェットの使用レビューやこれから発売予定の製品の新着情報など、とにかく早く旬な情報が満載だ。

この中から面白そうな製品記事をいくつかピックアップしたら今度はコチラ

kakaku.com

またまた定番のサイト「価格.com」で売れ筋商品の情報収集をする。

例えば最近なにかと話題の「ドローン」

ギズモード以外でも色々なサイトで取り上げられているけど、そんな「ドローン」を価格.com内で検索すると...

kakaku.com

こんな感じでドローンに特化したランキング形式でのページに移動する。

このランキングを活用すれば目的の製品の型番やモデル、メーカー名など一切知らない状態でも売れ筋が分かるので、手っ取り早くランキング上位にある商品をプレゼントすれば間違いないハズだ。

ちなみにギズモードの他にもTwitterや先ほど紹介したInstagramにもハッシュタグ検索で「ガジェット」と打てば気になるアイテムが出てくるかもしれないので少しでも可能性のあるツールはとにかく試してみることが大事だ。

意外とそういったところに思わぬ収穫があったりするので侮れない。

そういったものをピックアップしながら、さらに本人からも今欲しいものに関する多少のヒントを聞きだすことで確実性が増すと思う。

また、検索していく中で自分自身も色々と興味の沸く分野が出てくる場合もあるので、自身の好奇心向上も兼ねて…と思えば検索自体も楽しいものになるハズだ。

まとめ

 なかなか骨が折れるプレゼント選びだけど、少し視点を変えると自分にもプラスに働くこともあるかもしれない。

相手の喜ぶものを確実にゲットして、さらに今度は自分にも...なんて一石二鳥な発見があったなら

 

いいじゃんそれ

「いいじゃんそれ」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。